地域貢献活動

信毎販売センター信毎販売
平成18年〜長野市内販売店に呼びかけ「安全パトロール隊」を結成。1,200台のバイクなどにプレートを付け啓蒙活動。
地域の「こどもを守る安心の家」にも全営業所を登録
平成12年06月「子ども読書年」にちなみ、将来を担う子供たちのために児童図書購入費用として、図書券を寄贈
※豊科町(現安曇野市)・松本市・塩尻市・朝日村・伊那市・駒ヶ根市・飯田市
平成18年05月長野中央警察署との間で「安心の地域づくりを推進するための覚書」を締結平成13年07月〜県下信毎販売店会は、一人暮らしの高齢者や老夫婦世帯で新聞が何日も取り込まれていない等の異常に気付いた場合、市町村役場や社会福祉協議会などに連絡する「信毎ふれあい一声運動」を開始
平成19年〜営業所単位での「読者謝恩」の格安バスツアーの実施平成17年08月「子どもの読書活動推進に関する法律」および同年施行の「活字文化振興法」にちなみ、子供たちが活字に親しめるよう児童図書購入費用として、図書券を寄贈
※豊科町(現安曇野市)・松本市・塩尻市・朝日村・伊那市・駒ヶ根市・飯田市
平成20年12月茅野営業所新築に伴い、耐震性、対向性を高め、自家発電、防災用品を供え、防災拠点としての機能を持たせた
茅野市との間に「災害時等における支援に関する協定」を結び、茅野警察署と連携し「安全パトロール隊」を結成した
平成18年05月〜塩尻警察署管内の信毎販売店会は、戸外で遊ぶ子供たちの安全や住宅地に不審な車両がないかなどを意識して見守る「地域安全パトロール運動」を開始
平成23年11月日本新聞協会の地域貢献賞受賞
ボランティア情報誌「ボランティアかわらばん」の無償配布を23年間の長きに渡って続けてきた活動が評価されたもので、受賞の背景は、一般の方から信濃毎日新聞社へ感謝の手紙が寄せられ、社会福祉協議会からも同様の声が寄せられたことが元になった
平成19年07月飯田支店は、飯田市、飯田市橋北地区の自治組織の橋北まちづくり委員会と災害時における避難者支援に関する協定を結び、地震などが起きた際に地域住民の応急避難施設として提供
平成25年07月長野市の孤立防止・見守りネットワーク事業に参加、日常の訪問業務の中で独り暮らしの高齢者宅などを見守る活動に取り組む平成20年05月?地域文化の発展を目的に塩尻営業所2階「信毎ホール」で講演会、作品展や各種教室を開催
平成25年12月茅野警察署との間で、高齢者を狙った特殊詐欺被害の防犯活動・通報活動で協定を結び、実際にあった特殊詐欺の手口や防止策を、茅野・原村営業所が発行しているミニコミ紙「茅野だより」「原村だより」紙面で紹介、事故の発生や前兆事案、不審者に関する通報なども合わせて包括的に取り組んでいる平成21年06月社員と地域の皆様の尊い命を守るため、飯田支店・塩尻営業所にAED(自動体外式除細動器)を設置
平成25年12月長野市内の全営業所で、長野中央警察署が発行する啓発チラシ「おまわりさん通信」の配布活動を始めた。一人暮らしの高齢者に向けて交通事故の防止や特殊詐欺の手口を啓発する内容のチラシで、地域の情報を熟知している社員が長野市内全域の約2500世帯に配布、集金業務など直接読者と接する場面で手渡している平成21年10月社員と地域の皆様の尊い命を守るため、村井広丘営業所にAED(自動体外式除細動器)を設置
平成26年12月屋代営業所の新築移転にあたって耐震性や環境を高め、千曲市の「指定避難施設」となったほか、「災害時等における妊産婦及び乳幼児とその母親の緊急受入れに関する協定」、「高齢者の見守りに関する協定」も締結した平成21年10月30周年記念事業として行った「チャリティーふれあい広場」の収益金10万円を塩尻市に寄付
各営業所2Fの会議スペースは地域の会合や地域のクラブ活動、講習会などに貸し出している平成22年03月本店・塩尻営業所・村井広丘営業所は、塩尻市、塩尻市大門五番町・大門六番町・吉田一区と災害時における避難者支援に関する協定を結び、地震などが起きた際に地域住民の応急避難施設として提供
平成22年03月「国民読書年」にちなみ、子供たちの豊かな人間性を育む読書環境の充実を願い、児童図書購入費用(図書カード)を寄贈 ※安曇野市・松本市・塩尻市・朝日村・伊那市・駒ヶ根市・飯田市
平成22年08月社員と地域の皆様の尊い命を守るため、駒ヶ根営業所にAED(自動体外式除細動器)を設置
平成25年03月地域住民を避難場所に誘導する広告付き電柱看板の設置協力に対し、松本市より感謝状
平成25年07月地域住民を避難場所に誘導する広告付き電柱看板の設置協力に対し、塩尻市より感謝状
平成25年11月新聞の配達にあわせてパトロールを行い、事件・事故や不審者を発見時の警察へ通報、ミニコミ紙等で防犯や交通安全に関する情報を発信する「地域安全に活動に関する協定」を塩尻警察署と締結
平成26年02月地域や子どもの安全を守る活動への貢献に対し、塩尻警察署より感謝状
平成26年03月認知症を理解し、認知症の人や家族を見守る「認知症サポーター養成講座」を受講、塩尻市の「認知症サポーターのいる店・事業所」として登録。
平成26年11月飯田支店が飯田市と結ぶ避難者支援協定に基づき、支店を拠点に地元自治会と防災訓練を続けている活動が評価され、日本新聞協会「地域貢献賞」を受賞
平成26年12月日本新聞協会「地域貢献賞」の受賞を記念して、飯田市に避難所用の扇風機35台を寄贈